POC - 薬理試験

オンコデザインのin vitro、in vivo薬理試験式積は、未来の治療薬のPOCを加速します

弊社は、薬剤イメージングと適切なin vitro、in vivo実験モデルの組み合わせに関する高度の知見を有しており、それに基づいて、分子をヒトに投与する前にその薬理学的、免疫学的プロファイルを確認します。

オンコロジー領域の知見は非常に有用で、弊社はこの領域の経験によってイノベーションを新しい疾患領域に応用できるようになっています。現在の弊社の技術はトランスレーショナルで、免疫-オンコロジー、炎症性疾患、皮膚、肺、肝、腎および自己免疫性炎症性疾患と代謝障害における適切な新しいモデルと肥満モデルを開発しています。

オンコデザインのチームは、貴社からのご質問とイノベーティブな研究プロジェクトに対してアドバイスするとともに、試験デザインを提案、最適化評価と開発ソリューションの提示を行い、製薬企業の研究開発基準に適合する環境で、質の高い業務を完遂します。

  • 適切なin vitro、in vivoモデルの選択、開発
  • In vivo投与用製剤の調製
  • 薬物動態評価と薬力学バイオマーカーの特定
  • DMPK
  • アッセイ・投与スケジュールの最適化
  • In vivoトランスレーショナル薬剤イメージング
  • 治療薬分子(単独または併用時)の有効性と耐性の評価

弊社はお客様と長期にわたる密接な関係を構築し、プロジェクトを迅速かつ高い信頼性で効率的に推進することにつとめます。

オンコデザインは、重要かつイノベーティブな新規疾患モデルの開発に継続的に投資しており、このような開発は、お客様とのパートナーシップの一環として行うことができます。

貴社のプロジェクトについてぜひご相談ください。

By closing this message, you consent to our cookies on this device in accordance with our cookie policy unless you have disabled them.